VR Solution - RICOH Event Solutions!

VR Solution

体験を共にすれば確かに伝わる
リアルを超えた説得力

バーチャル空間を、共に「体験」する事に主軸を置いた
「リコーのVRソリューション」で、バーチャルによるDX=VXを実現します!

当社のVRソリューションでは、バーチャル空間を「体験」する事に主軸を置いて、
バーチャルによるDX=【VX】という考え方を提唱しております。
既存のアクティビティを、バーチャル『体験』に代替する事で、バーチャル『変革』を実現します。

RICOHのVRソリューションとは?

株式会社ハシラスの提供する最新のVR空間共有ツール「キネトスケイプ」をベースに、
株式会社ダイナモピクチャーズが最適なVR空間を企画制作、
株式会社リコーが理想的なVRソリューションをご提案いたします。

ホストとゲストが同時にVRゴーグルを装着するだけで
即座に同じVR空間を共有できるシンプルなシステムが特徴。
VRゴーグル(及びサーバー用のノートPCとルーター)だけで
展示会場やセミナー会場と同等以上の価値を創出できます。

RICOHのVRソリューションで出来ること

複数人数でVRゴーグルを一緒に装着し、その場で同じVR空間に入れます。
VR空間内は自分の足で歩き回る事ができ、他の人はアバターで実際の位置に表示されます。
実際の声で円滑なコミュニケーションができるので、シーンの切り替えなどによる感動や驚きも共有されます。
こうした「VR体験」を共にする事で、紙資料や映像はもとより、時にはリアルをも超えた説得力を生み出します!

1. VR空間の共有

2. シーンの切り替え

その他VRサービスとの比較

RICOHのVRソリューション

3Dで構築されたVR空間に
実際に入る

空間の中を自由に
動き回れる体験

VR内の視点の高さは
体験者の身長に応じる

複数人で体験が共有できる

オンラインプラットフォーム
によるVR

3Dで構築されたVR空間に
疑似的に入る

コントローラー操作による
疑似移動

座ったままの
体験がメイン

複数人で体験が共有できる

360度映像(静止画/動画)

ある地点で撮影した
映像を見る

360度見渡すだけの体験

VR内の視点の高さ
=撮影時のカメラの高さ

1人だけで見る

表現力が高く、
VR空間に没入でき、
臨場感に優れる

表現力はあるが、
体験としての品質が
疑似的なものにとどまる

コンテンツ制作は手軽だが
「見るだけ」で臨場感に欠ける

活用イメージ

基本的な提供機能

シーンの切り替え

大画面のスライドに投影

360度映像の同時視聴

3Dモデルの配置

1

2Dスライド(静止画)の表示 [png/jpg]

資料の紹介や企画書を空間内のスクリーンに表示できます。

2

2D動画の表示 [mp4]

2Dスライド同様に組み合わせて表示可能です。

3

VR静止画の表示

360度静止画を参加者それぞれの視点の中心に表示できます。

4

VR映像の表示 [mp4形式の全天球動画]

360度映像を参加者それぞれの視点の中心に表示できます。

5

警告エリアの表示

エリア内で安全にプレイできます。

6

3Dオブジェクトの表示

建造物や車などオブジェクトを空間に出現させます。

7

シーン切り替え機能

ケースに合わせて、シーン、空間の切り替えが可能です。

8

シーン内に配置したオブジェクトのアニメーション切り替え

商品説明など細部にわたっての紹介時に3Dモデルを動かします。

9

ユーザーの目の前に、顔に合わせてついてくる画面(HUD)を表示

参加者の視点が定まらないシチュエーションで確実な情報を伝達可能です。

資料の紹介や企画書を空間内のスクリーンに表示できます。

2Dスライド同様に組み合わせて表示可能です。

360度静止画を参加者それぞれの視点の中心に表示できます。

360度映像を参加者それぞれの視点の中心に表示できます。

エリア内で安全にプレイできます。

建造物や車などオブジェクトを空間に出現させます。

ケースに合わせて、シーン、空間の切り替えが可能です。

商品説明など細部にわたっての紹介時に3Dモデルを動かします。

参加者の視点が定まらないシチュエーションで確実な情報を伝達可能です。

ホスト機能に関して

操作は手を使って行います。複雑な操作がないので、誰でも簡単操作でプレゼンが可能となります。
両手をVRゴーグルの前に出して特定のジェスチャーを行うことでページ遷移などの操作を行うことができます。

操作方法

■次の頁
両人差し指をピンチ

■10頁めくる
両人差し指をピンチして
3秒待つ

■前の頁
両中指をピンチ

■10頁めくる
両中指をピンチして
3秒待つ

■レーザーポインタ
の形をつくる

オールインワン型VRゴーグルのOculus Quest2と、ハンドトラッキング機能を使用します。コントローラーは不要です。

スペースと初期機材

必要スペース(例)

※制作するシーンにあわせたサイズ展開となります。

プライベート商談のケース
2〜4人(2×3m)

セミナー系のケース
15人(5×10m)

プライベート商談のケース
2〜4人(2×3m)

セミナー系のケース
15人(5×10m)

初期 必要機材

少量の機材構成で運搬も簡単。高性能なパソコンも不要で、一定以上のスペースがあればどこでも設置することが可能です。

ノートPC(+ACアダプター)

1台

Wifiルーター(+ACアダプター/充電プラグ)

1台

Oculus Quest2(+TypeC充電ケーブル/充電プラグ)

ホスト機×1台
ゲスト機×1台〜 ※内容に沿って必要台数をご準備
予備機×2台

ノートPC(+ACアダプター)

1台

Wifiルーター(+ACアダプター/充電プラグ)

1台

Oculus Quest2(+TypeC充電ケーブル/充電プラグ)

ホスト機×1台
ゲスト機×1台〜 ※内容に沿って必要台数をご準備
予備機×2台

※ネット環境は不要
※電源は家庭用コンセントが1系統(100V 15A)

よくあるご質問

  • 費用はいくらですか?
  • ご要望やご利用必要台数に応じて、金額が算出できます。お気軽にご相談ください。
  • 導入までのおおよそのスケジュールを知りたい。
  • 基本機能のみの内容でしたら、最短で10営業日からのご案内が可能です。新規開発が発生する場合は内容によって開発期間が変わりますので、詳しくはお問い合わせください。
  • 追加機能の開発は出来ますか?
  • 可能です。ご要望をお伺いして開発費用をお見積もり致します。
  • 事前に準備しておくことはありますか?
  • 実施スペースと電源があれば大丈夫です。
  • 手持ちのVRゴーグルにインストールできますか?
  • 指定機種においては対応しております。お手持ちのVRゴーグルにセットアップ可能です。
    (セットアップ費用が別途発生します)
  • どの程度のスペースが必要ですか?
  • スペースに合わせた内容をご提案できます。(参考実績:8m×5m/10名程度)
  • オペレーションは簡単ですか?
  • 簡単です。ホスト役はハンドジェスチャーのみで操作ができます。特別な技術は必要ありません。
お問い合わせ
資料DL